「子供のためのコンテンツをつくること」          cooma.exblog.jp

言葉と文化
by radiodays_coma13
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
<   2006年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧
あなたは今、何が食べたい?
 昨日の晩御飯のおかず思い出せますか?「脳を鍛える大人のDSトレーニング」みたいな質問ですが、僕は思い出せます。一週間前も、そのもっと前も。食べたご飯で、その時の気分や、状況も思い出せます。それくらい密接に食事と記憶は結びついている。僕の場合は、といった方がいいのかもしれない。そういう努力をしています。

 できるだけ、食べたいものを食べる。食欲がなくても、食欲のない今、なになら食べたいかというように考える。体が食べたがっているものを真剣に考える。そうすると、案外食べたいものってひとつやふたつでてくるものね。一人暮らしの頃、風邪で40度の熱を出しながらヒーフー言ってるとき、明日、バナナのパン粥を食べようと思うと、すごく元気が出た記憶があります。そういうのって、詳しくわからないけど、免疫にいいと思う。どういいのかわからないけど、つまり、心に効いてるんだね。

 例えば、海外に行った記憶は僕の場合、どこにいって何を見たかではなく、どこでなにを食べたかという記憶が基点になって、いろいろな思い出を引き出すことが出来る。旅行に限らず、よりその基点を鮮明にするために、旬のもの、地のもの、めずらしいものを食べるようにしている。そうすると、「あの時食べたあれ」というように、場所や季節がすらすら出てくる。昔、父には内緒で母と行った美味しい日本料理店で食べた鮎の甘露煮の味について、今でもよく覚えている。「そんなことよく覚えているね」と言われるのだけど、その記憶を基点にしてその時、母が僕にしたどうでもいい話や着ている服の色まで思い出せるのである。

 仕事してて、ご飯の準備って面倒くさくないですか?とよく言われるのですが、僕はこの「面倒くさい」というのが大嫌いだ。いや、怖い。面倒くさいというのはウイルスみたいなもので、一度使ってしまうと、いろんなものがひとつひとつ「面倒くさい」に汚染されてゆき、気がつくと、本当にいろんなことが面倒くさくなってくる。しまいには生きていることが面倒くさくなってくる。「じゃあ、面倒くさくないものはなんなんだ!?」と言わなきゃならなくなる。人が面倒くさいといっている食事支度をすることが、僕にとって面倒くさいから生活を守る砦なのだ。これをしているうちは自分は大丈夫、と思える。

 食への執着というのではなく、人が美しいとか、楽しいとか感じるその基準にはおそらく「食」というものがあるはずだ。人にはいろいろ欲というものがあると思うけど、生物がまずはじめに死守するのは「食欲」であるはずだ。まるまると太った「大きな羊」を人が美しいと感じることから「美」という漢字が生まれたように、人間は美味しそうな食物に美を感じる。北大路魯山人ではないけれど、芸術と美食は無関係ではない。という理屈から僕は、食いしん坊じゃない、ものつくりは、良いものつくりじゃないと決め付けている。食わず嫌いをするアーティストに出会うと「この偽者が!」と心の中で罵倒しています。

 コンビニの弁当で日々をやり過ごしている、ものつくりにね良いモノが作れるわけがないでしょ。ねえ、そう思いませんか?ああ、そう、思わない。残念。でも、そういうアーティストに限って、観念的な作品を作るんですよね。芸術で腹はふくらませられないけれど、本当に腹が減っていて、本当に食べたいものを理解している人は、違うと思うんだよね。きっとそういうのを本当のハングリー精神というんだと思う。「強い想い」とか「願うこと」とか違うと思うんだよね。キッパリ言えば「飢え」なんだよね。飢えの前では、願いなんか消し飛んじゃうんだから。

 「飢え」ほど強いものはない。一度だけ、本物の飢えを経験したことがあるので、そう思う。その恐怖はことあるごとに脳裏によみがえり、その度に僕は、スイッチが入ったように「野生」に目覚める。その時の僕の精神状態は人間として果てしなく「穢く」そして「強い」。そう感じられる。もう一人の強靭な自分の生命。これさえあれば、僕は寿命がくるまでは生き続けられると信じている。そして、これが自分の内にある限り、僕は、ぐうたらのライオンのようなおだやかな気持ちでいられる。

c0045997_0203691.jpg今夜の晩御飯は
・姫竹の子とカシワの煮物
・ウドと梅のさっぱり煮
・アボガドと海老のサラダ
・帆立の酒蒸し

 もう春もおしまいなので、春を名残惜しむ食材を中心にしています。カシワの煮物の上に、摩りおろした、辛味大根が大正解でした。
姫竹は山に生えているクマ笹の竹の子です。もう旬を過ぎちゃいましたが、6月の頭くらいに買ったのを剥いて瓶詰めにしていたのを使いました。これね、皮が薄く、身に密着していて、剥くのが結構、面倒なんですけど、この間、大発見をしたんです。皮は右に剥いたら次は左、左の次が右の方向に、と順番に巻いているんです。その法則を利用して、回転させながら剥くとおもしいくらいにスルスルと向けちゃう。姫竹剥き選手権というのがあると、きっと僕はいい線いくんじゃないかな。商品の姫竹を抱えて、姫竹の王冠をしている自分を想像すると、なんだか嬉しくって。
[PR]
by radiodays_coma13 | 2006-06-26 00:22 | 食べる事と飲む事
誰にでも爆発するときはある
 サッカー負けちゃったね。自分のことじゃないのに、なんだかね、どんよりしちゃうね。スポーツなどを応援して、そのチームが勝利したとき、人を長生きさせるとても体にとても良いものが分泌されるらしいのですが、じゃあ、最初から弱いチームをひいきにしている人はどうなるんだ!と思ってしまう。関西人のわたくしとしては宿命的に阪神ファンなわけで、一昔前の阪神の脆弱さといったらそれはもう…、そんなことを考えると、それはとても体に悪かったのかしら。じゃあ、僕の寿命は10年ほど縮まってるはず。うぉー俺の10年を返せー!

 でもまあ、だからこそ勝った時のストレス発散といったらないわけで。阪神が優勝したときは、わが町一帯がお祭り騒ぎでした。その頃、僕のある友人はカーネルサンダースと道頓堀にダイブし、もう一人の友人は車をひっくり返して、留置所の中にいました。でも、まあ、それはそれでひどく考え物ですなぁ。ストレス発散もほどほどにしないと、爆発したときには、取り返しのつかない行為だったりしてね。普段ストレスのないみたいに言われている僕でも、時々、正体を失って、知らない公園でしゃがみこんでアリさんを眺めてたりしますからね。

 時々、なんでそんなにピリピリしてるのっていう人いるよね。ああいう人に遭遇するとなんだか気の毒になってくる。電車の中で足を踏んだだの踏まないだの、通勤ラッシュで踏んだ方も特に悪気はないだろうに、「踏んだら謝れないのか!君!」って、そんなにイヤならはなからラッシュに電車乗らなきゃいいのにね。そういう僕もこの前、「おいっ、お前、押すな!おいっ、お前だ、お前」って言われて「キャーこわいおじさん。奥さんと上手く行ってないんでしょ?でも、この場合、一体、どちらが押しているんでしょうかね、おじさん、相対性理論はご存知?」などと、饒舌に切り返したかったものの、本当にご立腹しちゃうと人って、うまく言葉が出ない。こんなとき、関西人の血とは恐ろしいもので、「じゃかましいわ、こらぁ!」とついつい口走り、おかげで、僕だけ、ファーストクラスみたいにゆったりと次の駅まで電車の旅を楽しめました。

 子供の時、口げんかで、強い子はヒーローだった。子供のケンカというのは子供的原始社会における儀式的な役割があるんだと思う。チームになって、その代表者が一人づつ出てきて口げんかを始める。ああ、きっと縄文時代の日本もこんな戦をしていたんだろうなと容易に想像がつく。縄文時代の戦では「さきがけ」と呼ばれる存在が、一人、群れの中より出てきて、自分の性器をあらわしにし、敵を罵ったという。まさにそんな感じだ。今のラップのフリーバトルなんかもそうだね。「やーやー、お前のかあちゃんデベソ」みたいなね。僕もそういう饒舌さにあこがれるな。口で負かして、相手を泣かしたらスッキリするだろうなって。でも、僕は興奮すると、逆に口ごもってしまうタイプ。

 しかし、僕は表現における饒舌はあまり好きな方じゃない。僕の中での詩のテーマというか、自分なりに取り組んでいるのは、沈黙や、言葉にならない齟齬や、放たれなかった言葉や、嘘、矛盾、間違った、またはズレた表現。僕はこれを不完全言語、またはプレ言語と言っているのだけど、そういうのが僕にとっての一番魅力あるテーマ。上手いこといってる完全な表現って、もうそれでいいじゃんみたいなところがある。でも、少し間違ってるって誰もがわかる表現の方が「ん?」ってなる。その「ん?」の中に、色々な意味や対話が発生すると僕は考えている。

 饒舌な怒りよりも、言い淀み、言い切れなかった、すごく圧力のかかった沈黙の方がものすごく、ポエジーなんだな。そういうのってどうやって表現すればいいんだろうね。そういう爆発寸前の沈黙を、ハイ、これがそうですよって人の前に提示できたら、いいなーと、いつも目論んでいるんですけどね。それができなくて、いつも僕の表現はどもり、言い間違い、言いよどみ、齟齬だらけなんですよ。ま、それはそれで僕好みというわけですが。
c0045997_3482887.jpg
 本日、お久しぶりのFLASH作品。結構過去の作品なんですけれど、リニューアルです。その時には技術的に出来なかったことが出来るようになったので。「BOMB」という小品です。音をおっきくして、覚悟して閲覧してください。
[PR]
by radiodays_coma13 | 2006-06-13 03:50 | 言葉について
携帯電話の可能性
 おっきなお仕事がひとつおわった。たくさんの打ち合わせとたくさんの徹夜をして、たくさんのわら人形をこしらえた。ワールドカップ関連のお仕事なのだけれど、「もうすぐワールドカップ」とTVで聴く度にチャンネルを変え「ぐ~ちょこらんたんの時間だよ」と現実逃避をした。でも、なんとかなるものだ。本当になんとかなったのかは置いておいて、わりと満足している。満足の理由は、それがとても新しいサービスだからだ。誰かから、鞭打たれでもしない限り、そんな面倒くさいこと好き好んでしないだろうというお仕事だ。あたまがきゅ~っと伸びてねじくれて、毎晩ほどけなくなる夢を見てうなされた。

 僕はプログラマーではない。でも、人の人生は本当に不思議なもので、気が付いたら、自分では思っても見なかったところにいる。ただ、携帯という活きた技術を使って何かしてみたかった。文字や音声や映像を含めた「言葉」のさきっちょのところで仕事がしたかった。未来の言葉を夢見た僕にとって、誰もが手軽に持ち歩け、通信が出来、声や映像や文字という情報を双方向に自由にやり取りできる携帯電話は宝箱だった。でも、僕が携帯に興味を持った頃は、携帯の世界はメールが中心で、サイトと言っても、文字だけのシンプルなものであった。それは非常に使い勝手が悪く、まだまだやりたいことなんて出来ないだろうなとたかをくくっていた。

 しかし、あっと言う間に携帯は進化してしまった。4年前、携帯で「FLASH」というアプリケーションが使えるようになるときいた時、すぐさま、携帯業界に飛び込んだ。そこからはジェットコースターのような毎日。毎週届く、新しい技術の仕様書を片っ端からめくり、毎日届く無茶な要望との格闘。4年前には携帯の世界にデザインの仕事なんてなかった。いや、あったんだけどその地位は、奴隷並みだった。待ち受け画像、一日5000千枚とか、写真の加工レイアウト一日1000枚、ドット絵一日100個とか、まるで餃子の王将の広告並みな過酷な労働だった。

 しかし、目当てのFlashは使わせてもらえなかった。というかその可能性を理解してもらえなかったのだ。出す企画書出す企画書ボツにされ、「里宗の企画書はセピア色」という社内の流行語まで産み出した。しかし、僕は営業でも企画でもない。ただ、やりたいこと、言葉の世界の最先端にいたいのだー!というスピリッツでRADIODAY時代の企画書やら作品やら論文やらを持ち歩いて、ここまできたのだ。ここで引き下がると男がすたるわよっ!失礼しちゃうわ。と食い下がった。ある時、転機はきた。「阪神タイガース」の動画やFLASHなどコンテンツの企画に関わり、社内からは企画書にダメ出しの嵐の中、阪神側との本会議に自分の作った作品を会社に内緒で持ち込んだ。「みやがれ、これが本場チェコスロバキア仕込みのモーションタイポグラフィだ!」と息巻いた。見事、企画は通過した。

 その時を期に社内にデザインチームを発足し、好き放題させてもらっている。もう、デザインは平面の時代ではない。情報は文字と音声と映像のよりインタラクティブで動的な表現に移行してゆく。ユーザーのアクションにより変化してゆく情報。階層化された立体的な情報に対応したインターフェース。一方的に与えるのではなく、たくさんの入り口をもった対話するデザイン。情報を生成し編集するのは他ならぬユーザーである。それらをよりダイナミックに実現させるには携帯しかない。とかなんとか言いながら、正直、携帯電話は好きではない。でも、携帯電話の可能性にかけたいと思う。携帯電話が嫌いじゃなくなるように。

 結局、僕は企画者としては未だ屁たれ並みだ。しかし、作り手としての生産能力には自信がある。いや、ない。ビジョンだけがある。多分、これで十分なんだと思う。ものつくりの世界はやったもの勝ちの世界だと言われる。けれど、少し違うと思うな。どこまで細かくビジョンを持てるかじゃないかしら。その仕組みや、質感やその周辺、それらを細かく描いているうちに、必ず形になる。でもだいたいの場合は空想で終わる。中途半端な空想だから行動に移せないのだ。幸いまだまだビジョンはある。昔から思い描いていた動くデザインの世界を実現できる道具をやっと時代が手に入れたのだ。プログラムごときで怖気づいてたまりますかってんだ。僕がプログラムをしているときいて信じられないっていう失礼な人が多いけれど、わたし負けない。エースを狙うの!
c0045997_15373668.jpg
 もし、万が一、興味が出た!いっちょう見てやろうかと思った方は、Docomo、AU、Vodaで公式サービスを行っている「欧州サッカー通信」というサイトをご覧になってください。そこの「試合結果Flash」が今回の話に出てくるサービスです。
[PR]
by radiodays_coma13 | 2006-06-11 15:40 | 文字について