「子供のためのコンテンツをつくること」          cooma.exblog.jp

言葉と文化
by radiodays_coma13
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
アートは可能か?
「アートは可能か?」

同じような問いかけが、戦後、現代詩といわれるものが難解化し退廃してゆく過程で吉本隆明氏らを中心としてなされたことがある。
なんて意味のない問いかけなんだろうと思ったことがあるが、この状況で今思うと「結果として不可能だったんだな」というオチを感じる。
ハハハ。。。笑えない。

しかし、それはYES/NO如何ではなく、解体するところからはじめて現状の危機という部分に触れるには意味があると言わざるをえない。だいたい、こんな問いが出たこと自体、詩の、もとい「現代詩」の危機だったんだなと思う。

つまり「我が社の存在は可能か?」という問いが出たのと同義なのよね。

で、今「アートは可能か?」と問わざるを得ない状況が目の前にある。
これに関して、きちんと自分で考える時間を作らねばと思ってきた。

ミュージシャンをアーティスト、イラストレーターもアーティスト、パティシエもアーティスト。なんでもかんでもアートと表現することが多いというのは誰も認識していることだと思うが
最近こんな問いかけを耳にする
「ゲームはアートだ」

これは末期症状だな



***


では、
「アート」とは何か?

アートとはもともとラテン語の「アルス(ars)」という「技術」という意味を持った言葉である。しかし、ここで言われているアートはその意味とは違うものを背負わされていることがハッキリと見てとれる。

例えば、なにか人知を超えた可能性というか、神秘主義的な響きが多分に感じられる。
人はわからないものをして「アートっぽい」ということがある。
わからなくても「アート」であることでなんでも許されちゃう一面まで持っている。

つまりアートという言葉は「免罪符」なのだ。

アートであることである批判を免れることができる。アウトサイダーもイリーガルな存在もアートと名乗れば誰もそれを簡単に断罪したりできない。

社会から批判や疑問符を投げかけられると、決まってアーティストと呼ばれる人たちは声を揃えてこう言う。
「アートですから」

しかし、個人の考えですと断っておきますが
すべての音楽がアートだとは思わない。
すべての絵画がアートだとは思えない。
そして、すべての詩や映画がアートである必要性がどこにあるのか?
ましてやゲームがアートだなんてなんのメリットが?





ひとつある。




ゲームはアートであることで、批判を免れるのだ。
ゲームは今までも批判の的だった。「ゲーム脳」しかり「暴力の温床」しかり。
しかし、あえて、「ゲームはアートですから」ということで音楽同様、社会からの批判を免れえる。

本来、おそらくアートの難解さは「現状の認識に問いかけを投げる」という至上命題から始まっている。現状の認識から異なるゆえに、「今、知っていること」や、「今もっているものの見方」では捉えることができない。しかし、決して、わからないことがアートではない。わからないで済ましてしまってはアートの存在意義はない。

アートとはそのわからないものに接して変化する人の精神状態のことを言うわけで、モノではなく現象と言い換えた方がいいだろう。それを喚起しない作品は「アート」と呼ぶにはふさわしくない。

そもそも「アート」たらんとする鼻持ちならないアートがなんと多いことか。その時点で、すでにその作品はアートであることをやめていると言えないだろうか。「わからないもの」というラベルが貼られた時点で、それは人に問いかけたりしない。

それはアートっぽいという雰囲気であって、香水みたいなものだ。いつも度を越して臭い。
アート臭い。

アート体験って、ちょうど映画「SAW」の極限の状態で密室に閉じ込められた二人に近い。目が覚めると、相手と自分。食うか食われるか。生死に関わる出来事。極限といっても予定調和のジェットコースターとはワケが違う。その衝撃こそアートに最も近い。


***


ゲームに話を戻す。
ゲームはそれが取り巻く環境を含め「カルチャー」ということはできるだろう。
しかし、アートといった時点で、ゲームが失う大きなモノがある。

それは「娯楽」という使命である。

「わからなくていい」は「わかってもらえない」という気持ちの裏返しでしかない。アートということで一般の評価から逃れることができるのだ。しかし、我々、プロの製作者はわかってもらえなくては通用しないのだ。

絶対に楽しませなきゃいけない。

「ピアニストを撃て」という映画があったが、ピアニストも戦いの弾の当たる場所にいなければ存在意義がないようにゲーム製作者も娯楽という立ち位置から離れたらその存在意義を失う。そのお立ち台に立てたものだけがパブリックな発言を許される。まずプロであること、人々からお金をもらってはばからないものをつくり、批判もうけいれること。その上なされた発言が意味をもつのではなのだろうか


じゃあ、人が個人で作る作品はどうなんですか?と批判されるかもしれない。
「それは娯楽でいいじゃないか」

なぜアートである必要性があるのか。
癒されるのもOK、そのことでいろいろ考えられるのもOK。だとしたら立派な娯楽じゃないかと思う。結果として、そこに人々を感動させうる作品が生まれることもあるだろう。それは結果アートだっただけだと思う。

「アートをしよう」「アートであろう」という発想から実は真に意味のあるものは何も生まれない。アートである前にまず「娯楽」であること。娯楽でないということはその力量がないということ。それしか作れないものに、どんなパンチが繰り出せるというのか。全てのつまらないアーティストを差別し糾弾すればいい。そして、それに対して彼らは戦う必要がある。それに対抗するだけの力が彼らには必要なはずだ。

彼らにアートという免罪符を渡してはならない。それがいやなら、思い存分、自分ひとりの世界にひとりで浸ればいい。

「アートが可能か?」という問いに対して、「アートは可能だ」というテーブルに立ってはならない。アートは人に突きつけられた疑問符と言い換えることができる。それは最も暴力に近い。だとしたら許された暴力は国家の暴力と等しい。国家の暴力は歴史の中で常に悲しい結果を招いてきた。そんな暴力を許してはならない。
つまり
アートは可能であってはならない。
そして、可能であってはならないところで可能になるべく起こる運動である。


そして、卑近な例でまとめれば、ゲームはつねに時代の矢面に立たされなければならない。どんな批判にも甘んじて耐えなければならない。「ゲーム脳」しかり「暴力の温床」という批判にも。そして、それに対して、「ではどうすればゲーム脳にならないか」その答えをゲームで表現すればいいだけのこと。

アートと言った時点で、やるべきことはなにもかも失われてしまう。
[PR]
by radiodays_coma13 | 2008-03-10 01:21 | 考える
<< ポジティブシンキングは素晴らしい? パクチー万歳! >>