「子供のためのコンテンツをつくること」          cooma.exblog.jp

言葉と文化
by radiodays_coma13
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
あなたはなにをする人ぞ
 そろそろ春ですね。そろりそろりと春ですね。隣のビルの屋上庭園では春の鳥が鳴いていました。ああ、ポカポカして気持ちいいなぁと思っていたのですが、あまりに良くできすぎた春だったもので、もしや、この鳥のさえずりはスピーカーから流れてくる音じゃないかと疑ってみたり。演出された春に踊らされているだけじゃないかと思うと悔しい。

 ところで、あなたは何をする人ですか?と、唐突に質問を変えてみたり。僕は春を疑う人です。いや、そうじゃなくて、日々、何をしている人?春って気持ちも緩む分、いろんなことが思い出されるように不安になってきたりもするんですよね。僕って、このままでいいのかしらん?ってね。こういうのって春の流行でしょ。ホーホケキョ。
春浅し あなたはなにをする人ぞ
c0045997_1514016.jpg 呆然とした不安がふわふわと重なって気がつくと、巨大な塊の不安になっていたり。春ってそんな季節。でも、とらえどころがない。春って精神病の一番多い季節らしいですね。ええ、「らしい」ということしか知りませんが。最近、知らない人に仕事で会う機会が多く、こんな質問をされます。「あなたはなにをしている人ですか?」まあ、あなた不躾な人ですね。それはあなた、「あなたは怪しい人じゃないですか?」と聞いているようなもの。答える代わりに、三つ指立てて「オイラ、ベロってんだ、怪しいもんじゃねえよ」って言ってやろうか。でも、訊いちゃうんだよね、これが。

 なにをしているのか?と問われてどこまでを答えればいいんだろうか。その人にとって会社の仕事が本当の自分なのか?もしかしたら、万が一、趣味の世界では、折り紙界の神と言われる存在かもしれないしね。僕の場合、会社の仕事ひとつとっても非常に複雑で、人に説明するのがひどく面倒。「まあ、クリエイター系?」と言えばもしかしたら、「ああ、あれね」とか納得してもらえそうな気がするが、僕はこのクリエイターという言葉が大嫌い。

 なんで、そんなカッコイイ言い方するかなあ。「デザイン的事務作業をしています」とか正直に言えないかねぇ。だいたい、ウェブを作ったり、DTPで雑誌の頁つくったり、HPの運用をする仕事のどこがクリエイティブなんだ?じゃあ、なにか歌手は全部クリエイターか?料理人も服のパタンナーも?そんなこと言ったら、世界中の人はみんなクリエイターだよ。ニートなんか、時間浪費クリエイターとか言えちゃう。農家のおじさんの方がよほどクリエイティブだわ。ぶつぶつぶつぶつ。どうも春のせいで情緒不安定みたい。

c0045997_1515990.jpg そもそも、この「あなたはなにをしている?」という概念こそが罠じゃないのか。人はそれでしか、自分や他人の存在を測れなくなっているんじゃないか。僕はキュートなものが大好きで、意外に小心者な、ボタンマニアの30過ぎのオッサンという一面もあるわけで。「まあ、クリエイター系ってやつですか?」という言葉により、それらの一面が欠落して、まあクリエイター系な奴に公約数されてしまう。

 だったらだ!もし、僕になにをしているのですか?という質問する勇気があるなら僕のライフスタイルから、僕がどの映画のどのシーンで泣くのかとか、どんなセックスをするのかとか、棺桶の色の希望まで教えてやるから最後まで聞けよと言いたくなる。そういうことじゃねえのかよ!

 なにをお怒りなのですか。つまり春なんですよ。真綿のような不安と鉛のような怒りが僕の眠たい頭の天秤の上で釣り合っているのです。その代わり、僕の中のいろんな僕がまるで乱視みたいにみんなバラバラに見えてきて、自分でも自分がなにをする人かわからなくなってくる。これこそ「なにをしている人ですか?」の罠です。

 そんな折、(例によって、今までの文章は前置きです)、あるところで、ある人の名前をきき、「あ、それ、僕の友達だよ」と言うと、非常に驚かれた。その人にとってはすごく有名人だったようで、なんだか、そこにいる自分が別人のように感じられた。そういうことなのだ、ある人が何をしているかどうかよりも、その人がどういうネットワークの中で生きているかということの方がその人をより正確に知る手立てのように思う。

 或いは、僕は僕の大好きな詩人と一緒にお酒を飲んで熱く語り合ったことがある。僕はいかにそのことがスゴイ事で、そのことがどんなにうれしいのかいろんな人に自慢した。でも、そのうちの8割の人が「その人、誰?」と言い、そのうち2割の人が「その人、まだ生きてるの?」と言った。以後、誰にも言わないようにした。時に自分がどのネットワークに存在しているのかを主張することはすごく孤独な行為であるという例。

 ともあれ、自分が何者であるかなんて、自分にも他人にも問うべきではないという、自分探しなんてゆめゆめするもんじゃありませんよという、ありがたいありがたいお話。でした?
[PR]
by radiodays_coma13 | 2006-02-17 01:53 | 考える
<< ムツゴロウに食べられる またあの悪夢をみるだろうか >>