「子供のためのコンテンツをつくること」          cooma.exblog.jp

言葉と文化
by radiodays_coma13
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ドアマンの奢り
なんとなく昨日の続き

 舞台の仕事をしていた。僕はその仕事を心からとても愛していた。舞台の近くにいれたらそれだけでいいとさえ思っていた。毎日演目の違う舞台の仕事は飽き性の僕にはぴったりだった。ここだけの話、これは内緒なんだけど、舞台は客席で観るより舞台袖で観たほうが何倍も素敵なんです。今しがた拍手喝さいを浴びて帰ってきた演者は、舞台照明が放つ光の粉を身に纏ったみたいにキラキラ光っていてなんだか嫉妬したものでした。

 それに、なんにも舞台のない日にはこっそり、調律の効いたスタンウェイのピアノも弾けるしね。その当時、僕が教えていた学校で、元は音楽学校に通っていた生徒がいた。いろいろあって今は、美容師を目指しているということだった。でも、彼女は音楽学校を辞めた今でもとてもピアノを愛してた。いつも僕の授業を受けながら机をピアノみたいに弾いていた(僕の授業は美術なんだけどね…)。その彼女を舞台の演目がなんにもないある日、こっそり誘ったことがある。

 「調律のぱりっと効いたスタンウェイのピアノ、舞台の上で弾きに来ない?」口説き文句としては最高でしょ?その女の子は学校を休んででもピアノを弾きに来ました。誰もいない真っ暗な舞台の照明を点灯して、僕は、反響板のドアを開け、彼女をステージに上げました。その時、彼女が弾いたシューマンの曲は今でも忘れがたい思い出です。舞台って不思議で、時に、ピアノコンクールの小ちゃな女の子の弾いた曲がプロのピアニストを凌駕したりするんです。その日、その女の子から、お礼のキスをもらいました。

 もしそんな職業があるとしたら、僕は舞台のドアマンになりたいと思う。もしあるとしたら、僕はわりと有能な方だと思う。ステージに招き入れる舞台のドアマンに有能も無能もあるもんかという人はなにもわかっちゃいないね。むしろ、あるコンサートの成功の鍵を握るのは舞台ドアマンの仕事だって思えるくらい。

 自分のリアルな時間を犠牲にして、今か今かと、自分にとってリアルで贅沢な時間を心待ちにする理解ある観客、そして、熟成した音楽を最高にいい精神状態で、封を切られる前のワインのように静かに舞台袖で佇む演者。ドアマンはまさに、観客に一番言い状態でワインを施すソムリエのようなものです。

 コンサート専用ホールには反響版という、重たい木の壁が舞台を囲み、反響板には、演者を招き入れる重たく分厚い木の扉がある。舞台のドアマンは、観客と演者の気持ちが一点に集中したまさにその瞬間、その重たいドアを厳かに開き、演者を、グラスに注ぐかのように、舞台に招き入れる。その一瞬は遅すぎても早すぎてもいけない。

 これは一流のドアマンの驕りだが(なんてね)、ドアマンには扉を開けた瞬間、すでにそのコンサートが成功するか失敗するか分かっている。成功するコンサートの扉は重たい。観客の期待と、演者の気持ちが、両方からドアを押し、まるで、圧力釜のように、恐ろしい圧力がドアに掛かる。演者の緊張の最高潮で放たれる「よしっ!」という掛け声と観客の水を打ったような静けさの交差した点でドアを開門する時の喜びはなににも変えがたい。重たいドアに体重をかけて開くとき、まるで、舞台そのものがシャンパンになったみたいに「ぼっふぁっ」という不思議な破裂音がする。その音は、成功の祝いの音なのだ。すでに演奏の成功は約束されている。

 これは決して、自己満足ではない。なぜなら、どんな演奏家でも成功した演奏が終わった後、一番先に、ドアマンに握手を求めてくる。「ありがとう」と耳打ちしてくれた人もあった。僕は演奏家になりたかった。僕は演奏家にならなかったが、舞台の裏方になることで演奏家の喜びの一部分を共有することができた。それはとても重要な一部分で、皆と一緒に感動を分かち合いたいということ。それは今の自分の仕事のスタンスにもしっかりとつながっていると感じる。
[PR]
by radiodays_coma13 | 2005-10-25 00:43 | 音楽について
<< 落ちる夢がみたい ピアノがピアノである理由 >>