「子供のためのコンテンツをつくること」          cooma.exblog.jp

言葉と文化
by radiodays_coma13
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ノストラダムスの彼方で
 今日、また、ひとつ歳をとりました。ハッピバースデートゥーミー。ハッピー?まあハッピー。不思議なことに。ありがたいことに。めぐりめぐってハッピー。もう34歳なの。でも、30歳になった年はひどくアンハッピーな気分だった。周りから「そういえばもう、今年で30じゃない?」なんて事を言われると俄かに不機嫌になったものだ。妻曰く「あの時のあなたはこの世の終わりのような顔をしていた」らしい。

 古い教育を受けてきたので男の30歳と言えば、それなにりに立身出世して、なにかひとつ事にうちこんでいるべきだと思ってきた。20歳はふ~らふらしていたが、少なくとも少年の僕は自分の30歳をはるか遠い真っ白な未来に自由な絵を書いていた。おりしも最も多感な小学生の頃、地元の神戸でポートピアというエキスポが開催された。港神戸の山の手のおぼっちゃま産まれの僕様(嘘、ホントはド下町育ち)は毎週のようにポートピアに遊びに行った。そこには眩暈するくらい、めくるめく未来の幻想があった。少年の頭の中には嫌がおにも輝かしい自身の未来像が形成された。それから、20年、現在とのギャップ。「あの未来イメージはなんだったんだ?」自分の境遇だけに落胆するのではない。僕らが夢見た未来はこれなのか?

 「どうやら誰かに騙されたらしい」そう気が付いた1994年。僕は当時、本気でノストラダムスの終末を信じていた。そんなバカげた!と今では思う。けど、誰もが一時、そういう終末的な気分に染まった頃がある。自分たちの向かっている未来が、どうやら理想の未来ではない。高度成長期も終り、バブルがはじけ、その時、おそらく、日本人の中の意識が大きく変化した。象徴的にオウムをはじめとする多くの新興宗教が登場し、「なんだか世の中へんね」と誰もが感じた。きっとなにかとんでもない事が起こってもおかしくないような、そんな感じ。その予感は震災やオウムのテロ、その後の神戸の少年事件となって具現化される。しかーし、世界は滅びなんかしなかったね。僕もちゃんと生き残ってしまった。「なんだか世の中へんね」という感触も払拭されないまま、ただ、その変な感じに人々はただ慣れていった。

 そして、29歳。そこにはグロテスクな現実と、なにものでもない自分だけが残った。おかしい、話が違う。そんなはずじゃない。焼けつくような不安感。それはもしかしたら、誰もが味わう20代的気分だっただけのかもしれない。なんだってできるはずだって思えた20代。光り輝く栄光へと開かれた巨大な鉄の扉が音をたててゆっくりと、しかし確かに閉じられてゆく。「まってくれー!」と転びながら必死になって走りつづける。なんてね、そんなものないのにね、そんなものが見えるんですよ20代って。社会全体が自分の敵だと思えたり、空は悲しい時に雨を降らしたり、軋むベッドの上で優しさを持ち寄ったり、愉快だね。とにかく、なんだかわからないけど、焦りまくった。そして、8月21日。30歳になったとたんに、急にあたりは嘘のように静かになった。へ?なんだったんだ?今までの騒ぎは?

 まるで大気圏を抜けて宇宙に飛び出したようにあたりは静かになり、頭も軽くなった。ある意味では諦めの境地なのかもしれない。虎の衣でしかなかった役立たずの万能感も雲散してしまった。今は堂々と「できないものはできません」と言い張れます。でも、なぜか、出来ることは増えた。反対に「出来ることは出来る」と言えるからだ。なーんだ、こんなことならもっと早く30歳になっとけばよかった。とにかく楽しくなければ自分で楽しくすればいいんだわ。そう、自分の環境に自分で責任がもてるのが30代。もう、社会が悪いのを時代のせいだとは思わなくなった。それはある意味では自分がつくる時代なのだから。政治が悪いのは政治家のせいじゃない。給料が悪いのは社長のせいじゃない。奥さんが怖いのは奥さんのせいじゃない。気に食わなければ気に食うようにすれば言いだけの話。

 やろうと思えば、人っていろいろとやれるものなのね。夢なんて思っている時はなんにもできなかったのにさ。いざ、30歳になって、夢と言うより前に手をつけちゃうと、それは現実になった。「ぶんぶく茶釜」みたいな話し。奇蹟を待つより、バスが来るのを待つより、歩いて行っちゃう。チャンスなんかいりません。運なんか信じません。バスなんか踏み潰してやる。そんなふうに開き直ってこの4年間。気が付いたら、驚くほど遠くに来ていた。本当に気が付いたらというのにふさわしい。30歳になったのが三ヶ月程前のことに思えるくらい。ちょっと怖いくらいに時間も体もものすごいスピードで過ぎて行った。早く動くと時間が歪むとアインシュタインさんは言ったらしいけれど、それはあながち間違いじゃないかもしれない。今度、誰かに教えてやろう。このままいけば、明日くらい60歳になっているような気がする。そんなわけないけどね。

 先日、仕事場の赤坂から徹夜空けの仕事帰り、タクシーに乗って高速道路から見える明け方の東京は都会的を絵に描いたようにとても美しかった。案外、僕の夢見た未来ってこんなのかもしれないと夢心地の中で思った。視線は高速道路を離陸し、ミニチュアルの街を見下ろす僕の巨大な顔。「ようは視点なのね」寝言のように呟いてみた。
[PR]
by radiodays_coma13 | 2005-08-22 01:43 | 考える
<< 『ROOM』 幽霊なんかいるもんか! >>