「子供のためのコンテンツをつくること」          cooma.exblog.jp

言葉と文化
by radiodays_coma13
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
オーシャンズのこと
お魚さんが好きな子供のために、「オーシャンズ」を観に行った。

僕としては昔から好きだったセンダック原作の絵本「かいじゅうたちのいるところ」か
ルイス・キャロルのファンとして「アリス」を観たかったのだが、
怖いという理由で子供から却下された。

練馬サティは子供が多くて助かった。
館内は上映中ずっと子供たちの解説が響いていた。
うちの子供も負けじと
「シロナガスクジラはなんでオキアミを食べるの?」とか
「なんでジュゴンは白いの?」とか
答えられない質問を始終発信していた。
1時間経過、ポッポコーン(子供がこういう)のおかげか、珍しく機嫌よく鑑賞している。
と思ったのだけど、突然、暴力的に人間にヒレを切り刻まれたサメが
海に沈んでいくシーンに子供が立腹
外にでると言い出した。
説得を続けたが、じいさんの「なぜ、動物達は絶滅したんだろう」という
押し付けがましいお説教がはじまり
あえなく退場。

しかし、僕だって立腹している。
なぜ、サメを切り刻んでいたのはアジア人なんだ。
真実かもしれないが
「なぜ、動物達は絶滅したんだろう」という
流れで「絶滅させたのはこの人たち」みたいにみえるでしょう。
より多くの種を絶滅させてきたのは西洋文化に他ならないのに。

というか、何故、美しい自然描写にとどめなかったんだよぉ。
なんで、なにかいいたがるんだよぉ。

このところの捕鯨問題で僕は過敏になっているのかもしれないが
エコも宗教的な動物愛護も糞くらえだ。
なんというかアース的な何がしにはもう辟易している。
そういうものの全てが欺瞞に満ちている。
エコとかいい加減にしてくれまへんかねぇ
やってることが全然、エコじゃねえじゃん
なにがエコポイントだ、冷蔵庫もテレビも
でっかいのに買い換えさせてどこがエコなんだ?
その方がおいおいエコだっていっても
企業は新製品は出し続けるんでしょうがに。
政府が後押しすることじゃないでしょうよ。

なに政治もエコ効果に乗っかってるの?
確かに自然は大切だし、守っていかないといけないのは
子供を持つとしみじみ感じられるようになったけれども。
「温暖化」だってそれにまつわるの報道の
半分は欺瞞だってことは
冷静にネットで事実を集めれば誰だってわかる。
さすがにテレビではやらないけどねぇ。
温暖化を否定されて一番困るのは企業ですからねぇ。
「ゴミ分別」や「省エネ」も胡散臭い。
不安感を煽ることで得する人たちがいるということね。
宗教みたい。
やるべきこともあるのだろうが妄信するのが怖い。
事実を拾い集めて見えてくるものがある。
それは今更、ここで僕が言うようなことではないので
その件に関しては沈黙。

しかし、日本人は従順ですね。
エコエコ騒ぐ日本人をみて
海外との温度差に驚きました。
今はどうなんだろう?今はエコ流行してるかな?
メディアがあっち向けっていえばあっち向くし
こっち向けっていえばこっち。
僕が怖いのは「オーシャンズ」を観て
日本人が総意で「鯨殺しちゃダメ」ってなること。
でもね、殺してないの、食べてるの。
殺すのと食べるのは違うよ。
残さないで食べるなら命は頂いてもよいという理屈。
戦争もそうすればいいのに。(ジョーク)
サメのヒレだけを切り刻んで生きたまま捨てる映像は
とてもショッキングだったけど
日本人は鯨を残したりはしない。
サメだって、ちゃんとカマボコにしてる。

問題は、オーシャンズのスタッフが
あの問題のシーンを撮るのに
あそこに立ち会ったということ。
でも、あの漁のシーンは真実だろうか?
あのようなことが行われているのは確かだろう。
しかし、映画では、イルカも鯨も、網にかかった
生物は全部虐殺していた。
あれは演出として作れれらたシーンではないだろうか。
そこが問題。
あの映画のスタッフはあれらのいきものたちを殺したのと同義でしょ?
とにかく、あのシーンは悪意をもって創られたといいたい。
心地よい映像のあとに、胸糞悪い暴力をみせたかったのだ。
あの映画はそういう映画だったのだ。
観た人になにかひとつの答えを植え付けたかった。
ただ、それだけのこと。


僕にとっての最大悪は殺すことではなくて
残すこと。
そう、偏っている。
食べ物で遊ぶことが一番嫌い。
子供を滅多に叱らないけど
食事中にふざけているとひっぱたく。
遊び食べは許さない。
真剣に命がけで食べない奴は許さない。
「食べないと食べられる」これが真実。
それが弱肉強食の意味でしょ?違う?

その中で滅びるものは滅びたらいい。
滅びるものを必要以上に守ることなんかない。
人が種を絶滅させるだけではなく種は滅びる。
それは仕方ない。

自分が食べる以上に囲い込むから歪みや破壊が起きているだけなのにね。
良し悪しは別として、それはとてもシンプルなこと。
それを推し進める企業だの政治がエコを本当の意味を歪めて悪用するのが許せない。
エコの本当の意味は、日本の「もったいない」が一番近い。

まだ、使える電化製品、買い換えるのはモッタイナイですよ。

食べられるサメをヒレ以外すてるのは
もったいない!
あのスタッフ、殺した生物全部食べたんだろうなぁ~(怒)

以上、オーシャンズの感想でした!
[PR]
by radiodays_coma13 | 2010-01-25 05:59 | 食べる事と飲む事
<< 失われた味 ファミリーツリーの物語 >>